by

消費者金融の必要性は困ったときの救世主です

消費者金融は利用しないに越したことはありません。普段の生活の中ではある程度普通預金に残高があり、日曜祭日夜間以外はいつでも現金を用意できます。予測が可能な大口の買い物の場合は銀行やクレジット会社を利用するのが一般的で、無用に金利が高い消費者金融を利用される方はいないでしょう。しかし、その日に資金が必要という緊急を要する資金が必要な場合があります。
給与前でたまたま普通預金残高が無い時に、病気による出費、葬儀費用、事故見舞金等。大口の資金が必要ではありませんがその日に必要なちょっとしたお金です。こんなとき考えるのが、知人友人に頼みますか、親に頼みますか、最悪同僚に。たとえ小額であってとしても、親には心配を掛けるし、知人友人同僚なら信用を大きく失う可能性があります。
そこで、最終的に頼れる消費者金融の必要性が出てきます。無担保・無保証人で即日にキャッシングが可能ですし、金利についても一時的な、しのぎであって短期で返済できるのですから多少金利が高くても利息は小額で済みます。しかも、二度とそのローン会社を利用しないのであればゼロ金利でのキャッシングも可能な金融は沢山あります。
借りたからといって電話などでバレることもありませんし、しっかりと返済をすればこんな便利な金融商品はありません。債務者データとして残るという心配はあるでしょう。しかし、後の個人情報として他社に利用されたり、他の金融から電話やDMがくることはありませんので、一人で悩みこむ前に思い切って借り入れを行ってみることです。急場しのぎの救世主だと思えば良いのです。

関連記事

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.